車が水没したら

現在、全国各地でゲリラ豪雨が頻発しています。
ゲリラ豪雨では短時間に集中して大量の雨が降るため、土地が低くなっている場所やアンダーパスなどに急速に水が溜まり、そこに車で立ち入った場合、そのまま動けなくなる危険性もあります。
車に乗った状態では実際の水深が分かりにくく、過去には車が丸ごと水没してしまい、運転していた人が死亡する事故も発生しています。
そういった危険性のある場所には近づかないのが最も確実な安全策ですが、万が一動けなくなってしまった場合には、冷静に対処することが重要です。
ガソリンエンジンを使用している場合、アイドリング状態でエキゾーストパイプが水に浸かってしまうと簡単にエンストを起こしてしまうほか、水に浸かった状態では再始動することも難しいため、深みに入る前に停止するのが最善の策となります。
また、一定以上の水深の場所に入ってしまった場合、エンジンが停止するだけでなく、水圧によってドアが開かなくなるという事態も発生します。
時間が経過するほど水溜りに流入する水量は増加し、危険性も増すことになるため、こうした事態に陥った場合、速やかに内部から窓を割って脱出するようにします。
しかし、窓は頑丈な造りとなっているため素手で割るのは難しく、それによって負傷する危険性もあるため、予め窓を割るためのハンマーを車に備えておくのが確実です。
pls7950961

Comments are closed.