車走行中の集中豪雨の対処法

近年では異常気象の影響もあるのかゲリラ豪雨の頻度が増してきています。普段何気なく車を運転している最中にこのような豪雨にあうこともあるかも知れません。普通の雨の時でも十分にありえますが視界が悪くなってしまうことで運転が危険となり、道路冠水による走行不能な状況にも陥る可能性もあります。
冠水道路を走行中にエンジン停止が起こってしまったら、一度エンジンを再始動して対処してみましょう。エンジンが再始動したら後退やUターンをしてきた道を引き返します。後退で進むとエンジンの回転が高くなりますが、Uターンによる前進の場合はエンジンの回転が高めになるように1速で走行します。
自動車はある程度の浸水や冠水には耐えられるように設計されていますが、走行が可能な水深は車の底面が浸からない程度であることから、集中豪雨が発生した時の冠水路の走行には注意が必要になります。水たまりが出来ていても見た目は水深が分からないため、新入すると思いのほか深いこともあります。
万が一車が冠水し車内に浸水してしまった時の対処法は、停車してエンジンを止めるようにします。それから車内から脱出し避難するのですが、水たまりに出る時は足を地につけて推進を確認しながら、進んできた方向と逆の方向に避難するようにします。
gf2160144571m

Comments are closed.