地震が起きたら停車しよう

車を走行中に大きな地震が起きてしまうと多くの人がパニックになってしまう可能性があります。しかし日本では運転する人全員がこのような可能性は十分にあるのです。そこでいざという時のための対処法について確認しておきます。
揺れがかなり大きい場合は激しく車が左右に揺れることが予想されます。急ブレーキをせずハンドルをしっかり握り、慌てずに減速していきます。そして車を道路の左側に寄せて停車します。その後ラジオで状況を確認し、車を置いて避難する際は緊急車両が通行する邪魔にならないように車をできる限り道路外に停車させて避難するということです。車を離れる際にはキーはつけたままでドアロックはせず、連絡先がわかるようにしておきましょう。
また運転中に速報を聞いた時についても同様です。ただし高速道路上での急ブレーキは大変危険ですのでハザードランプを点灯して周囲に知らせながら徐々に減速し、崩落の危険があるトンネルの出入り口や斜面はできるだけ避けて道路の左側に車を寄せて停車するようにしましょう。
津波が予想される場所では車を停車させた後はとにかく高台に避難することです。車に乗って避難することはやめておいた方がよいでしょう。
車より自分の命を守ることを一番に考えましょう。
a0002_000036

Comments are closed.